債務整理後の借入について

キャッシングの審査に申込みするとき、信用情報は共有しています。
複数の会社に申込みするときには、個々に申込みするのではなく、一度に申込みするのも手。
キャッシング会社が一覧で紹介されている下記のようなサイトで、一度に申込みしましょう。

 

キャッシング一覧はこちら

債務整理後はいつから借りられる?

会社員 画像

いろいろな理由で借金を返済できなくなり、債務整理をしたという方は近年とても増えています。
昨今の経済情勢もあり、当初の計画通り返済できないで仕方なくこういった結果になってしまったという方は多いのです。
止むにやまれず、こういった結果になってしまったものの、もう生活の立て直しができたので、新たにどこからか借り入れをしたいと思う人もいることでしょう。

 

そういった思いで金融機関に申し込んだのに、あえなく審査で落ちてしまったという話しを良く聞きます。
なぜ落ちてしまったのかと疑問に思うかもしれません。

 

これは、金融機関が登録している信用情報機関に債務整理の内容が記載されているためなのです。

債務整理

  • 自己破産
  • 調停
  • 弁護士による任意整理

など、いろいろな種類がありますが、どういう内容にせよ信用情報機関に記載されてしまうのです。
この情報が載っているあいだは、どこの金融機関からも借り入れることは難しいといえます。
ただし、情報は一生残るものではなく、ある程度の期間が経てば消える仕組みになっているのです。

信用情報機関

  • KSC → 主に銀行
  • CIC → 主に信販
  • JICC → 主に消費者金融

と三種類に分けられており、債務整理を行ったキャッシング会社がどこのカテゴリーに属するかによって、登録される機関も違ってきます。
情報が記載される期間も、信用情報機関によって若干異なってはくるのですが、基本的に5年間は記載されると思っておいてください。
最低5年、自己破産などは10年という場合もあります。

 

これらの事故登録情報は、それぞれの機関が情報を共有できるようになっているので、期間内はどこからも借りられないという訳なのです。
自分の知らないところで、いろいろな情報が登録されるというのはとても怖いことだと思う人もいるでしょう。
こういった情報は、本人であれば見ることができます。
登録されてある信用情報機関に問い合わせをし、本人確認できれば情報を教えてくれますので、不安な方は一度見確認することをおススメします。


借入についてはこちらのサイト

キャッシングの審査に申込みするとき、信用情報は共有しています。
複数の会社に申込みするときには、個々に申込みするのではなく、一度に申込みするのも手。
キャッシング会社が一覧で紹介されている下記のようなサイトで、一度に申込みしましょう。

 

キャッシング一覧はこちら

銀行借入について

新しく会社を起こしたり、また、個人的に、たとえば住宅などを購入して、どうしても、借入をしなければならなくなった場合、銀行などからの借入が必要になってきます。
銀行借入とは、国民生活金融公庫や民間の銀行などの金融機関から資金を借り入れる事を言います。
そして、銀行融資や銀行借入には、金利の負担がかかってきます。

 

会社の場合、売り上げや利益が順調で、負債が少ない時は、銀行側にとって万が一の貸し倒れのリスクが低いために、金利は安くなりますが、赤字や負債、債務が多い時は、当然、リスクが高くなるために、金利も高くなり、銀行からの融資や、借入も受けにくくなります。
金利負担は、返済期間にわたって、ずっとかかるものなので、出来る限り低く抑えなければなりません。

 

また、個人や自営業の場合は、株式会社などに比べると信用が低くなりますので、貸出の条件が厳しい場合があります。
個人や自営業の方は、まずは、本政策金融公庫の融資を受けることをお勧めします。
こちらは、金利が低く、自営業や個人向けに積極的に融資をしている金融なので、借りやすくなっています。

 

そして、もし、日本政策金融公庫で足りない場合は、更に銀行や信用金庫で相談するといいでしょう。
また、申込みの際は、以下の書類などが必用になってきます。

 

たとえば、借入申込書、謄本、決算書、借り入れ状況、納税証明書、印鑑証明など、他にも企業の場合は、将来の売り上げや利益の予定を書いた事業計画書や、将来の収支、支出を書いた収支計画書などもあると、受けられる確率が高くなります。

 

借入の場合、金利の負担も返済期間の間、関わってきますので、よく考慮してから、計画的に借りることをおすすめします。

キャッシングに関するおすすめサイト

 

・借入123
借入123
低金利な業者や審査の早い業者等おすすめのキャッシング業者が比較形式で詳しく紹介されているサイトです。

 

・債務整理
債務整理の情報サイト
債務整理を考えたらまず詳しい専門家に聞くことをおすすめします。おすすめの専門家はこちらのサイトで紹介されています。